ED(インポテンツ)の治療方法

従来、EDの大半が心理的要因による機能性(心因性)EDと考えられていましたが、EDの鑑別診断法が進歩するにしたがって、現在はむしろ器質性(肉体的)EDや混合性(精神的・肉体的)EDが多いことが判明しました。

ED治療薬がED治療の第一に選択されることが通常です。

クエン酸シルフィナデル(バイアグラ)の使用が機能性・器質性ともに有効率が高く、副作用が少ないために多く用いられます。

改善率約70%と最も有効な治療法ですが、心臓病などへの副作用が心配されるため専門医による慎重な評価と投与が必要になります。

薬剤の効果を間違って認識している人も多いようなので、正しい理解が必要でしょう。

バイアグラは勃起のメカニズムに直接働きかけることで勃起を起こしやすくする薬剤で、精力剤のようなものではありません。

平常時の陰茎は陰茎海綿体平滑筋により一定量の血流が流れるようになっています。

勃起時にはこの平滑筋がゆるみ海綿体に血液が多量に流れ、一定期間留まることで陰茎が大きく堅くなります。

バイアグラには、平滑筋をゆるめる物質cGMPの分解酵素PDE type5を抑制する働きがあります。

分解酵素PDE type5が減ることでcGMPが増加、海綿体へ血液が流れやすくなり勃起を促します。

他の治療方法としてはプロスタグランジン海綿体注射、男性ホルモン補充、陰茎プロステーシスなどがあります。

医療はどの科も同じように、ED治療にも専門性と専門医が必要です。

一人で悩まず、専門医に相談することが大事です。

原因を突き止め、正しい治療を行えばEDは良くなります。

 
投信