ED(インポテンツ)の定義

ED(=erectile dysfuncion:勃起不全:勃起障害)とは、男性性器の勃起機能の低下のことで、男性なら多くの人に起こり得る病気です。


医学的には「性交時に十分な勃起が得られないため、あるいは十分な勃起が維持できないため、満足な性交が行えない状態」と定義されています。


EDの症状も人によって様々であり、「性欲があっても勃起が起こらない」「勃起しても硬さが不十分である」「勃起状態が持続しない」などの個人差があります。


ではそもそも勃起とはどうして起こるのでしょうか。


勃起の発現には、神経系と血卒系など種々の伝達物質が密接に関わっています。


性的刺激により脳が興奮状態になると、この興奮は脊髄を経て陰茎の勃起神経へと伝えられ、陰茎海面体の平滑筋や海綿体洞に血液を供給するらせん動脈の平滑筋が弛緩します


その結果、海綿体中に大量の血液が流入することで勃起が起きますが、EDはこの過程で陰茎に血液が十分に流入しなかったり、性的刺激がうまく伝わらなかったりすることで起こると考えられています。


最近、日本で行われたEDについての疫学調査の結果によると、日本でも40〜70歳の男性の半数以上、およそ1,130万人が何らかの原因でEDになっていると考えられています。

 
投信